プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【速報】大谷翔平、2試合連続ノーヒット…直近7打数5三振、エンゼルスはリリーフが打たれ2連敗

2022/04/24

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新ニュース(最新情報)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、23日(日本時間24日)、本拠地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に「1番・指名打者(DH)」でスタメン出場。4打数無安打1四球2三振だった。試合は4-5で敗れた。

 

 
 大谷は0-2と2点ビハインドの初回、先頭打者として第1打席を迎えると、5球目の93マイル(約150キロ)の直球を打って投ゴロ。続くマイク・トラウト外野手がソロ本塁打を放ち、エンゼルスは1点を返した。
 
 大谷は2回裏、1死一、二塁のチャンスで打席に入るが、2ボール2ストライクと追い込まれて最後は三塁手への強烈なライナー。飛び出した二塁走者が戻りきれず、併殺打となってしまった。
 
 1点ビハインドの5回裏、第3打席は2死無走者で迎えたが、外角のカットボールにタイミングが合わず空振り三振に倒れた。エンゼルスは続くトラウトがこの日2本目のソロ本塁打を放ち、2-2の同点に持ち込んだ。
 
 7回裏は4-5と1点を追う展開で第4打席を迎えると、5球目を見極めて四球。この日の初出塁となった。しかし9回裏の第5打席は空振り三振。続くトラウトがまたも安打を放っただけに、噛み合わない展開となってしまった。

 エンゼルスは6回まで4-2とリードしたものの、7回に逆転を許し4-5で敗戦。この日の大谷は4打数無安打1四球2三振で、打率.206、OPS.743(出塁率.288+長打率.455)となっている。