プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、今季初ホームラン含む2発3打点! エンゼルスは一発攻勢で打ち勝つ

2022/04/16

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新ニュース(最新情報)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「1番・指名打者(DH)」で出場。今季初本塁打を含む2発のアーチを掛けて、チームの勝利に大きく貢献した。

 

 

 人種差別の撤廃に大きく貢献したジャッキー・ロビンソン氏の功績を称え、出場選手全員が背番号「42」のユニホームを着用して臨んだこの日。大谷がついに目覚めた。
 
 初回、レンジャーズ先発ブッシュに対し、初球のストレートをフルスイングで捉えると、打球はライトスタンドに到達。大谷にとって“難産”だった今季初本塁打は打球角度41度、飛距離406フィート(約124メートル)、打球速度108マイル(約174キロ)のムーンショットだった。
 
 さらに5回、3点差の場面で、走者1人を置いて迎えた第3打席。左腕アラードに対し、2球目のカッターを豪快に引っ張ると、打った瞬間それと分かるこの日2本目の本塁打。打球角度35度、飛距離415フィート(約126メートル)、打球速度108マイル(約174キロ)の一発でこの回の逆転につなげた。

 この日の大谷は、5打数2安打(右本、見三振、右本、一ゴロ、空三振)、2本塁打3打点。今季初本塁打、初打点を挙げ、シーズン成績を打率.206、OPS.670(出塁率.229+長打率.441)とするなど復調の兆しを見せている。
 
 チームは大谷の2本の本塁打に加え、アデル、スズキ、ウォルシュにも本塁打が生まれ、9-6で勝利。強力打線で敵地でのゲームに打ち勝った。