プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、4回途中6失点降板。痛恨被弾に米記者も唖然「素晴らしくない彼の映像を見るのは不思議な感じ。違和感がある」【海外の反応】

2022/04/15

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地テキサス・レンジャーズ戦で「1番・投手」として二刀流出場。この試合で痛恨の逆転満塁被弾を浴び、その出来事に米メディア『ドラフトキングス』のジャレド・キャラビス記者は唖然とした。
 

 
 初回はピンチを迎えながらも無失点で切り抜けたが、2回に再びピンチを迎える。連打と四球で1死満塁になると、続くジョナ・ハイム捕手に痛恨の満塁被弾。マイク・トラウト外野手などの活躍で2点リードしていたが、このグランドスラムよって逆転されてしまう。大谷にとって、自身初の満塁本塁打被弾となった。

 これにキャラビス記者も衝撃を受けた様子で、自身のツイッターに「大谷翔平から満塁ホームランを放ったジョナ・ハイム。素晴らしくない彼の映像を見るのはとても不思議な感じだ。違和感がある」と投稿している。
 
 大谷は4回にも失点し降板。この日の投手成績は、3回2/3(70球)、被安打6、奪三振5、与四球2、失点6に終わっている。