プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷所属のエンゼルスは今オフのチーム改善度4位! 投手陣強化を米メディアが指摘「もっと増やすべき。必要だと思う以上に」【海外の反応】

2021/12/16

text By

photo

Getty Images



 米メディア『ESPN』が今オフのチーム改善度をもとにMLB全30球団を順位づけした。大谷翔平投手が所属するロサンゼルス・エンゼルスは4位に入った。
 

 
 エンゼルスは課題だった投手陣を強化するため、今オフにノア・シンダーガード投手やマイケル・ローレンゼン投手、アーロン・ループ投手を獲得。また、ライセル・イグレシアス投手と再契約した。同メディアによるエンゼルスのチーム改善度の評価はB+で4位。今後については「もっと投手を増やすべき。彼らが必要だと思う以上に。エンゼルスは前進したが、勝利のベースラインとしてはまだ中途半端」と指摘している。

 なお、1位はAの評価を得たニューヨーク・メッツになった。マックス・シャーザー投手を獲得したことで「メッツの優勝の可能性は3.5倍以上になった」とし、ジェイコブ・デグロム投手とコンビを組むことでワンツーパンチが出来るローテーションになったと評価している。