データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】15年目自己ワーストのイチロー、通算3000安打へ来季契約が最大の障害に

マーリンズ・イチローがメジャー15年目を自己ワーストの数字で終えようとしている。このままいくと、3000本安打がかかった来季はメジャー契約すら危うくなる。

2015/09/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



メジャー契約に今季成績は大きな障害に

 ちなみにイチローは04年に自己最高の.869をマーク。8割超えは5シーズンあり、昨季までのメジャー通算OPSは.771。日本では通算.943と高い数字を残した。

 もちろん、OPSではスラッガータイプの選手が優遇される傾向にある。イチローのようなリードオフマンタイプの評価には不利な面は否めない。ただ、それでも5割台というのは、過去の自身の通算OPSと比較しても衰えは明らか。シーズン100試合以上出場した日本人野手で、OPS5割台は過去一人もいない。

 OPSに限らず、打率.235、90安打、二塁打5本、20打点、11盗塁と軒並み自己最低に終わる危機に瀕している。9月の月間打率.158は、7月に自己ワーストを更新したばかりの.195を下回るのは確実だ。

 こうなると、来季メジャー契約には大きな障害ばかりが目につく。正直、OPS5割台のベテランとのメジャー契約は、通常の球団ではあり得ない。残る僅かな試合数での挽回も、非現実的なところまできている。

 マーリンズ残留を基本線と見る米メディアはいくつか散見されるが、果たして。目前に迫ったメジャー通算3000安打へ、最大の障害は相手投手ではなく、来季の契約そのものにある。

1 2