データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、今季最終戦で第46号先頭打者ホームラン! 100打点の大台&日本人最多96四球、本塁打王はペレス&ゲレーロJr.

2021/10/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地で行われたシアトル・マリナーズとの今季最終戦に「1番・指名打者(DH)」でスタメン出場。第46号先頭打者本塁打を放ち、チームはシーズンを勝利で締めくくった。
 

 
 大谷は初回、マリナーズの先発左腕タイラー・アンダーソン投手と対戦。1ボール1ストライクからの3球目、甘く入った86.4マイル(約139キロ)のカッターを完璧に弾き返した。打球は、弾丸ライナーでライトスタンドに飛び込む先頭打者アーチ。打球速度112.9マイル(約182キロ)、飛距離418フィート(約127メートル)を計測した11試合ぶりとなる一発で、100打点の大台に到達した。
 
 3点リードとした2回1死二塁の第2打席は、申告敬遠。5回2死三塁で迎えた第4打席でも申告敬遠で歩かされ、今季の敬遠数は、アメリカン・リーグ断トツトップの20個となった。
 
 この日の大谷は、3打数1安打1打点1本塁打2四球(右本、四球、見三振、四球、空三振)。今季成績は、打率.257、138安打、46本塁打、100打点、26盗塁、OPS.965(出塁率.372+長打率.592)となった。
 
 エンゼルスは、大谷の先制弾を皮切りに打線が繋がり、計7得点。投手陣も小刻みな継投でマリナーズをかわし、7-3でシーズン最終戦を制した。
 
 また、最後まで熾烈を極めた本塁打争いは、48本塁打でサルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)とブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)が並び、タイトルを分け合う形となった。

1 2





  • 記者募集