データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、2試合ぶりマルチ安打をマーク 本塁打王争いは上位動かず

2021/09/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、本拠地でのアスレチック戦に「3番・指名打者(DH)」でフル出場。2試合ぶりのマルチ安打をマークした。
 

 
 第1打席はオークランド・アスレチックス先発右腕の投手カプリ―リアンからライト方向へ大きな当たりを放つも右飛。第2打席はフルカウントから空振り三振に倒れた。

 しかし7回の第3打席、2番手右腕のゲラとの対戦ではバットを折られながらも左前打を放つと、ロハスの適時打で生還。9回にはセンターへクリーンヒットを放ち、2試合ぶりのマルチヒットを記録した。
 
 この日の大谷は、4打数2安打1得点の成績。打率は.258に上昇した。なお、エンゼルスは、1-3で敗れている。
 
 また、これで大谷は7試合連続アーチなし。注目の本塁打争いでは、ライバルのゲレーロJr. とペレスにもこの日一発は出ず、大谷は首位と2本差のリーグ3位のままとなっている。






  • 記者募集