データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、1四球も3試合ぶり無安打 パイレーツは投手戦の末に完封負け

2021/09/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は16日(日本時間17日)、本拠地でのシンシナティ・レッズ戦に「2番・右翼」で先発出場。筒香は3打数無安打とこの日の試合ではヒットはなく、チームも連勝とはならなかった。
 

 
 1回裏の筒香の第1打席では、相手先発タイラー・マーレ投手の巧みな変化球を前に空振り三振。

 3回裏、筒香は第2打席で四球を選び出塁。1死一、二塁と得点圏にランナーを進めるも、後続の打者が凡退し、先制点の好機を生かせず、この回の攻撃を終えた。
 
 その後も両者1点も許さない投手戦が続いたが、7回表にレッズの8番秋山翔吾外野手などの活躍もあり、5回からマウンドに上がり好投を続けてきたパイレーツのコディ・ポンセ投手が1失点。これが決勝点となり、0-1でパイレーツは敗戦を喫した。
 
 この日の筒香は、3打数無安打1四球(空三振、四球、中飛、右直)。今季成績は、打率.213、37安打、7本塁打、26打点、OPS.710(出塁率.313+長打率.397)となっている。






  • 記者募集