データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ゲレーロJr.が大谷翔平に並ぶ44号! 史上最年少の三冠王へ、今季の打撃を指揮官が分析「疲れたときには調整を行う必要があるが…」

2021/09/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 トロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手は12日(日本時間13日)、敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」でスタメン出場。同試合で大谷翔平投手(ロサンゼルス・エンゼルス)に並ぶ44号本塁打を放った。米公式サイト『MLB.com』が同日、報じている。
 

 
 ゲレーロJr.は、5点リードで迎えた2回の第2打席、左腕ザック・ロウザー投手が投じた初球、89.9マイル(約145キロ)フォーシームを完璧に捉えた。打球は弾丸ライナーでレフトスタンドに飛び込むソロホームラン。今季44本目の一発で大谷と並び、本塁打ランキングトップに躍り出た。

 この日は、3打数1安打1打点1本塁打2四球(四球、左本、四球、投ゴロ、中飛)の成績。ブルージェイズは、打線が5本の本塁打を含む19安打22得点の猛攻を見せ、22-7で大勝を飾っている。
 
 ゲレーロJr.は、同日終了時点で打率.319(リーグ1位)、44本塁打(リーグ1位タイ)、102打点(リーグ3位タイ)をマーク。史上最年少となる22歳での三冠王も射程圏内となっている。
 
 ブルージェイズの指揮官チャーリー・モントーヨ監督は、試合後の取材に応じ、今季のゲレーロJr.について「彼は(毎試合ごとに)学んでいる」とし、「今年は初めてフルシーズン(162試合制)を戦っているため、疲れたときには調整を行う必要があるが、それをうまくやっている。彼のアプローチが戻ってきた。本当に調子が良いときは常に本塁打を打つチャンスがある」と絶賛した。

1 2





  • 記者募集