データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、7号先制ホームラン! 2戦連続弾もパイレーツは6連敗 シェルトン監督「4試合すべて勝つチャンスはあったが…」

2021/09/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は5日(日本時間6日)、敵地で行われたシカゴ・カブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。第7号先制本塁打を放ったが、チームは6連敗を喫した。
 

 
 初回にいきなり2試合連続のアーチを描いた。

 筒香は初回1死の第1打席で、右腕ザック・デービス投手と対戦。2ボール1ストライクからの4球目、78.8マイル(約127キロ)チェンジアップを弾き返した。打球は、センターフェンスを優に超える7号ソロホームラン。筒香の一発で先制点を奪った。
 
 続く3回無死二、三塁の第2打席では、四球で出塁。ブライアン・レイノルズ外野手の満塁本塁打でホームに還った。
 
 この日の筒香は、4打数1安打1打点1本塁打1四球(中本、四球、三直、遊ゴロ、見三振)の成績。打率.189、OPS.667(出塁率.275+長打率.392)となっている。
 
 試合は、3本のグランドスラムが飛び交うシーソーゲームに。両軍合計24安打19得点の乱打戦の末、パイレーツは8-11で敗戦。連敗ストップとはならなかった。
 
 地元紙『ピッツバーグ・ポストガゼット』によると、パイレーツのデレク・シェルトン監督が試合後の取材に応じ、「(カブスとの4連戦では)4試合すベて勝つチャンスはあったが、勝って試合を終えられなかった。試合を作ることができなかったので、それは非常にイライラしている」と語った。

1 2





  • 記者募集