データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季はまさに“大谷エンゼルス”。公式HPのリーダーズは「大谷翔平(P)、大谷翔平(P)、大谷翔平(P)…」

2021/09/03

text By

photo

Getty Images, エンゼルス公式サイトのスクリーンショット

タグ: , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は、今季球界を席巻する活躍を見せている。球団公式サイトには、チームトップの数字を表す「リーダーズ」の項目があり、投打で大谷の顔が並んでいる。
 

 
 リーダーズの内容は以下のとおり。※9月2日(日本時間3日時点)

□バッティング
打率:デビッド・フレッチャー(2B) 打率.291
得点:大谷翔平(P) 88得点
本塁打:大谷翔平(P) 42本塁打
打点:大谷翔平(P) 90打点
盗塁:大谷翔平(P) 22盗塁
 
□ピッチング
勝利:大谷翔平(P) 8勝
セーブ:ライセル・イグレシアス(P) 29セーブ
奪三振:大谷翔平(P) 127奪三振
 

 公式HPのトップページに記載されているのは以上の項目だけだが、そのほかの部門でも1位あるいは上位につけている。マイク・トラウト、アンソニー・レンドーンらの不在により、今季は各部門大谷の独壇場で、まさに「大谷エンゼルス」と言えそうである。

1 2





  • 記者募集