データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、メジャー初の2試合連続弾&決勝打! 左腕からバックスクリーンへ飛び込む一発、4番起用で大暴れ

2021/08/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は21日(日本時間22日)、敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦に「4番・一塁」でスタメン出場。2試合連続本塁打と決勝打を放つ活躍で、勝利の立役者となった。
 

 
 メジャー移籍後初の2戦連続弾は、バックスクリーン右へ叩き込んだ。

 筒香は、同点4回に左腕J.A.ハップ投手と2度目の対戦。その初球、真ん中付近の89.7マイル(約144キロ)フォーシームを弾き返した。打球は、センターフェンスを越える打球速度107マイル(約172キロ)、飛距離430フィート(約131メートル)のソロ本塁打。4番起用に応える一発で再びリードを奪った。
 
 パイレーツは、6回に逆転を許したが、7回にすぐさま勝ち越し。1点リードに変わった2死一、二塁の場面で4打席目に立つと、左腕ヘネシス・カブレラ投手から左中間へ決勝打となるタイムリーヒットを放った。
 
 この日の筒香は、4打数2安打2打点1本塁打(空三振、中本、遊ゴロ、中適時打)の成績。打率.181、OPS.554(出塁率.269+長打率.284)となっている。
 
 パイレーツは、5-4で接戦を制し、2連勝を飾った。

1 2





  • 記者募集