データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、6回2失点で今季7勝目! 「1番・投手」で打球速度180キロ二塁打、エンゼルスは連敗ストップ

2021/08/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地で行われたトロント・ブルージェイズ戦に「1番・投手」で投打二刀流出場。6回6奪三振2失点で今季7勝目を挙げた。
 

 
メジャー2度目の「1番・投手」起用に応え、投打に躍動した。

 先発マウンドに上がった大谷は、初回を無失点で立ち上がると、2回は味方の好守もあって三者凡退。4点の援護をもらった3回は、先頭打者に四球を与えるも、後続を難なく打ち取り、安定した投球で序盤を投げ終えた。
 
 続く4回、先頭打者の四球とワイルドピッチで得点圏に走者を背負うと、4番テオスカー・ヘルナンデス外野手に適時打、6番ランダル・グリチャック外野手に適時二塁打を浴び、2点を失った。
 
 しかし大谷は、失点を喫しても崩れなかった。5回は、2者から三振を奪って3人斬り。4点リードに変わった6回は、1死から3番ブラディミール・ゲレーロJr.内野手に四球を与えたが、ゼロに抑えて役目を終えた。
 
 この日の投手・大谷は、6回(99球)を投げ、被安打3、与四死球3、奪三振6、失点2の成績で7勝目(1敗)。防御率2.97、WHIP1.09。
 
 打者としては、第1打席にブルージェイズ先発ホセ・ベリオス投手のシンカーを弾き返し、左中間を破る打球速度112マイル(約180キロ)の弾丸二塁打。2回の第2打席では四球を選び、ジャレッド・ウォルシュ内野手の適時打でホームに生還した。第3打席は中飛、第4打席は左腕カービー・スニード投手に対して見三振となった。
 
 この日の打者・大谷は、3打数1安打1得点1四球の成績。打率.268、OPS1.017(出塁率.363+長打率.655)となっている。
 
 2回に一挙4点を先制したエンゼルス打線は、3、5回にも1点ずつを追加。4点差の7回から継投に入り、9回には守護神ライセル・イグレシアス投手が1点を失ったが、リードを守り切った。6-3で勝利したエンゼルスは、連敗を2でストップ。ブルージェイズとの4連戦を、2勝2敗のタイに持ち込んだ。

1 2





  • 記者募集