データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平は投手で6回2失点好投。打者で打球速度180キロ二塁打も! 複数の米記者が大絶賛「攻守ともに素晴らしい活躍」【海外の反応】

2021/08/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地トロント・ブルージェイズ戦で「1番・投手」として投打同時出場を果たし、6回2失点の好投を披露し今季7勝目を飾った。この結果を受けて、米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム氏など複数の記者が絶賛している。
 

 
 投手・大谷は3回まで相手の攻撃を無失点に抑えるも、4回に4番テオスカー・ヘルナンデス外野手に適時打、6番ランダル・グリチャック外野手に適時二塁打を浴びて2失点を喫した。それでも大谷は調子を取り戻し、5回と6回は再び無失点に抑えてマウンドを降りた。

 一方で、打者としては初回の第1打席で打球速度112マイル(約180.2キロ)の二塁打を放ち3試合連続の安打をマーク。2回の第2打席は四球で出塁し、ジャレッド・ウォルシュ内野手のヒットで大谷がホームを踏んだ。3回の第3打席は中飛、6回の第4打席は見逃し三振に終わっている。
 
 大谷の活躍もあり、エンゼルスは6-3の勝利をおさめた。ブラム記者は「大谷翔平選手は攻守ともに素晴らしい活躍だった」と大絶賛。米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者は「今夜の大谷翔平選手のカッターは本当に素晴らしい」と自身のツイッターに綴っている。また、米紙『ロサンゼルス・タイムズ』のジャック・ハリス記者は「大谷翔平はまたしても素晴らしかった。エンゼルスは再び勝率5割の成績」と、大谷の健闘を称えている。






  • 記者募集