データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、14戦ぶりの38号本塁打で同点2ラン! 米メディアが反応「またしても38本目の爆風」【海外の反応】

2021/08/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地トロント・ブルージェイズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たした。この試合で38号本塁打が飛び出し、米メディア『ESPN』が反応している。
 

 
 初回の第1打席で大谷はブルージェイズのアレク・マノア投手と対峙し、右翼への大飛球はライトの好守に阻まれて右直に倒れた。それでも0-2で迎えた3回の第2打席、14試合ぶりの本塁打となる38号2ランを放ち、エンゼルスを同点に導く。この結果、本塁打王を争うブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)との差を3本に広げた。

 同メディアは大谷のホームランに反応し「大谷、またしても38本目の爆風」と、公式ツイッターに綴っている。また、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者によると、第38号本塁打の打球速度は105.6マイル(約170キロ)で飛距離は413フィート(約125.9メートル)だったという。






  • 記者募集