データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、安打&二塁からのホーム激走で生還 エンゼルスは1点差に詰め寄るも逆転機逃す

2021/07/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は28日(日本時間29日)、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦に「2番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席で右安打を放ち、得点の起点となった。
 

 
 2点をリードされた初回裏の攻撃。大谷は1死からロッキーズ先発のギルブレスに対し、初球外寄りの変化球を強引に引っ張り、一、二塁間を破るシングルヒット。チーム初安打をマークした。その後、ゴスリンの四球などで2死一、二塁と変わると、5番イグレシアスのレフト前安打で生還。二塁からの激走で1点を返した。

 その後エンゼルスはスタッシが四球を選んで満塁のチャンスを作ったが、追加点は奪えず、1-2でリードを許す展開となっている。






  • 記者募集