データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、7回5K1失点で自己最多5勝目! シーズン100奪三振到達、打撃では先制打&盗塁

2021/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。投げては7回1失点でメジャー自己最多となるシーズン5勝目、打っては先制タイムリーと今季14個目の盗塁を決める活躍を見せ、勝利の立役者となった。
 

 
 大谷は初回、2死から安打を打たれるも難なく後続を断つと、直後に迎えた第1打席、無死一塁からワイルドピッチで走者が得点圏へ。先発右腕ヘルマン・マルケス投手の94.6マイル(約152キロ)シンカーにバットを折られたが、二遊間を破る先制タイムリーを記録。さらには二盗も成功させ、ジャレッド・ウォルシュ内野手の適時打でホームに生還した。

 自らの活躍もあって2点リードとなった2回、2死から二塁打を打たれ、得点圏に走者を背負うも無失点。3回は三者凡退に片付けた。
 
 4回は2死一、二塁のピンチを無失点とした大谷だったが、5回、1死から9番ドム・ヌニェス捕手にソロ本塁打を献上。1点差に迫られた。
 
 しかし大谷は、この失点に崩れることなく、続く6回を3人斬り。7回もマウンドに上がると、2者から三振を奪って同じく三者凡退に抑え、リリーフ陣に後を託した。
 
 この日の投手・大谷は、7回(99球)を投げ、被安打5、被本塁打1、与四死球1、奪三振5、失点1の成績で5勝目(1敗)。防御率3.04、WHIP1.13。
 
 打者・大谷は、中前適時打、空三振、二ゴロ、空三振で4打数1安打1打点1盗塁の成績。打率.277、OPS1.040(出塁率.361+長打率.679)となっている。
 
 エンゼルスは、7回裏にジャック・メイフィールド内野手の2ラン本塁打でリードを広げると、2番手ホセ・キンタナ投手が1点を失ったが、直後にマックス・スタッシ捕手の適時打などで2点を追加。最後は守護神ライセル・イグレシアス投手が三者三振で締め、6-2で白星を飾った。この勝利で連勝を3に伸ばし、シーズンの貯金を1とした。






  • 記者募集