データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【センバツ決勝】東海大相模のスタメン選手を紹介! 見どころと注目選手は?【春の選抜高校野球2021】@甲子園

2021/03/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 第93回選抜高等学校野球大会は4月1日に第11日を迎え、決勝戦(阪神甲子園球場、12時30分開始予定)で東海大相模(神奈川)と明豊(大分)が対戦する。試合に先立って、先発が予想される選手たちから、見どころを探る。
 

 
 高い奪三振率を誇り、大会防御率は未だ0.00の石田隼都を擁する東海大相模。1回戦の系列校対決を延長戦の末、辛勝。2試合目も息をのむ投手戦となったが、少ないチャンスをものにした。準々決勝では一転、序盤から打線が爆発し計8得点を挙げ、準決勝では、堅い守りも光り、勢いのある天理打線を封じ込めている。盗塁数はここまで3つだが、つなぎの意識にスピードを備えたチームだ。

今大会の戦績
1回戦:〇3-1 東海大甲府(山梨)
2回戦:〇1-0 鳥取城北(鳥取)
準々決勝:〇8-0 福岡大大濠(福岡)
準決勝:〇2-0 天理(奈良)

スタメン選手紹介(準決勝のメンバー)

1(左) 門馬功(3年)
打率.444(18打数8安打)
 
背番号『7』、右投右打のスラッガー。門馬敬治監督の次男。急性胃腸炎によって戦線から離れている主将・大塚瑠晏に代わって、準々決勝・福岡大大濠戦から主将代行を務める。同試合では、サイクル安打にリーチをかける(二塁打以外)活躍でチームを鼓舞した。準決勝でも3安打と好調を維持している。

2(二) 綛田小瑛(3年)
打率.438(16打数7安打)
 
背番号『14』、右投右打の二塁手。今大会の好調ぶりを買われて、主将・大塚に代わって、準々決勝から2番打者を務める。その福岡大大濠戦では二塁打を含む3安打の大活躍。本大会全試合で安打を放つなど、上位打線でも機能している。
 
3(捕) 小島大河(3年)
打率.200(15打数3安打)
 
背番号『4』、右投左打の捕手。高校に入ってから捕手を始め、秋季大会では二塁を守っていたというセンス抜群の選手だ。今大会ではここまで打率.200と当たっていないが、福岡大大濠戦の第1打席ではセンターの頭上を超える三塁打を放った。地方大会では打率.424をマークするなど、攻守にわたってチームの軸となっている。
 
4(三) 柴田疾(3年)
打率.353(17打数6安打)
 
背番号『3』、右投右打の内野手。延長11回の大熱戦となった東海大甲府戦では、ダメ押しの適時二塁打、準決勝の天理戦では決勝点となる先制適時打を放つなど勝負強さを備える。鳥取城北戦を除く3試合でマルチ安打をマークするなど、率も残す強打者だ。
 
5(一) 百瀬和真(2年)
打率.286(14打数4安打)
 
背番号『13』、右投左打の内野手。2年生ながらクリーンアップを任される。福岡大大濠戦では、第1打席で内野の間をしぶとく破る適時打を放つと、第2打席では逆方向へ大きな犠牲フライを記録し、2打点を挙げた。直近の天理戦では、マルチ安打をマークするなど、調子は良さそうだ。

6(右) 小平直道(3年)
打率.154(13打数2安打)
 
背番号『9』、右投右打の外野手。加藤勇哉、黒沢学励らと途中交代するケースもあるが、すべての試合でスターティングメンバーに名を連ねている。東海大甲府との初戦では、好投手・若山恵斗から安打を放った。逆方向にも運べる力もあり、下位打線の口火となることが期待される。
 
7(中) 佐藤優真(3年)
打率.300(10打数3安打)
 
背番号『8』、右投右打の外野手。2回戦の鳥取城北戦からスタメン入りすると、第1打席で三塁線を破る適時打(決勝点)でいきなり結果を残す。福岡大大濠戦では途中でベンチに退いたものの、2回戦以降すべての試合でスタメンに固定。持ち味の打棒で下位打線からもプレッシャーをかける。
 
8(遊) 深谷謙志郎(2年)
打率.143(7打数1安打)
 
背番号『16』、右投右打の内野手。離脱したキャプテンに代わって遊撃のポジションを任された2年生だ。守備に定評がある選手だが、甲子園デビュー戦となった準々決勝・福岡大大濠戦では、第1打席に右翼線への二塁打。この一打から相模打線は一挙4得点と、勢いに乗った。
 
9(投) 石田隼都(3年)
打率.111(9打数1安打)
 
背番号『1』、左投左打のエースピッチャー。左から繰り出す最速146キロの速球に加え、切れ味抜群のスライダーが大きな武器だ。ここまで4試合を投げ、防御率0.00で、26投球回に対し、奪三振43。与四球も1(死球はなし)と、制球力が光る。2試合連続完封中と勢いに乗っており、ほかにも好投した石川永稀、求航太郎が控えるため、決勝でも本領を発揮できるのではないか。
 
 
【センバツ決勝】明豊のスタメン選手を紹介! 見どころと注目選手は?【春の選抜高校野球2021】@甲子園






  • 記者募集