データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】山梨学院、白樺学園を逆転で破る 1年生・川口龍己、古川秀将両投手の好投が勝利導く

2020/08/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第3試合 ○山梨学院 8-3 白樺学園●>(17日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は17日に最終6日目を迎え、大会最終試合となる第3試合で山梨学院(山梨)と白樺学園(北北海道)が対戦。8-3で山梨学院が勝利を収めた。
 
 白樺学園は1回、2死から3番・宮浦柚基内野手(3年)が左翼への二塁打で出塁し、敬遠、安打で満塁となると、6番・宍倉隆太内野手(2年)が押し出し四球を選び先制。山梨学院の先発右腕・川口龍己投手(1年)から立ち上がりに1点を奪った。
 
 対する山梨学院は直後の2回、白樺学園の先発右腕・片山楽生投手(3年)に対して、先頭の栗田勇雅捕手(3年)が四球で出塁すると、二盗に成功。5番・才津紘大外野手(3年)も安打で繋ぐと、6番・小吹悠人内野手(3年)が中堅へ犠飛を放ち、すぐさま同点に追いついた。
 
 山梨学院は4回にも1死二、三塁のチャンスを迎えると、7番・河野修慈内野手(3年)の左翼への犠飛で逆転に成功した。
 
 逆転を許した白樺学園は5回、先頭の1番・川波瑛平外野手(3年)が中堅後方へのソロ本塁打を放ち同点に追いついた。なおも連続安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、山梨学院が2番手右腕・古川秀将投手(1年)に交代。打席の4番・片山の左飛で三塁走者が走塁死となるなど、逆転のチャンスは逃し、2-2の同点で前半を終えた。
 
 山梨学院は6回、この回一塁からマウンドに上がった岩田拳弥内野手兼投手(3年)の代わり端をとらえた。先頭の代打・役田翔外野手(2年)が二塁強襲内野安打で出塁すると、4番・栗田は四球、犠打失敗で1死となったが、6番・小吹な安打で満塁。続く7番・河野修慈内野手(3年)が左中間を破る走者一掃の3点適時二塁打を放ち、再逆転に成功した。
 
 勢いに乗る山梨学院は7回にも2死ながら三塁に走者を置くと、4番・栗田が中堅への適時打を放ち追加点。リードを4点に広げた。
 
 さらに8回、山梨学院は先頭の7番・河野が失策で出塁すると、代打・山元丈輝選手(2年)が右翼の頭上を超える二塁打を放ち、無死二、三塁と追加点の大きなチャンス。続く9番・古川が2点適時打を放ち、6点リードとした。
 
 反撃に転じたい白樺学園は、8回に1死二塁のチャンスを作るも無得点。後がない9回には2死から1番・川波が二塁強襲内野安打を放ち出塁すると、2番・細谷脩有外野手(3年)は四球を選び、一、二塁のチャンスを迎えた。続く3番・宮浦の左安打で二塁走者が生還し1点を返すも、一塁走者が走塁死となり試合終了。8-3で山梨学院が粘る白樺学園を振り切った。



  • 記者募集