データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園交流試合】広島新庄、2桁11安打で天理との接戦制す 1番・大可尭明が3安打2打点

2020/08/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1試合 ○広島新庄 4-2 天理●>(11日、阪神甲子園球場)
 

 
 阪神甲子園球場で開催されている甲子園交流試合は11日に2日目を迎え、第1試合で広島新庄(広島)と天理(奈良)が対戦。広島新庄が4-2で接戦を制した。
 
 昨秋の明治神宮大会で4強入りした天理は2回裏、広島新庄の先発左腕・秋田駿樹投手(3年)に対して2死一、三塁のチャンスを作った。迎えた1番・下林源太内野手(3年)は、ワンバウンドの変化球にバットが空を切り、空振り三振。チャンスを逃したかと思われたが、捕手から一塁への送球が逸れ、振り逃げで天理が1点を先制した。
 
 対する広島新庄は4回表、天理の先発右腕・庭野夢叶投手(3年)から1死二、三塁のチャンスを作ると、9番・秋田が一塁強襲の適時内野安打を放ち同点。続く1番・大可尭明内野手(2年)の犠牲フライで逆転した。
 
 直後の4回裏に2死二、三塁からワイルドピッチで同点となったが、5回表1死二塁から6番・明光竜之介外野手(3年)に右中間への適時二塁打が飛び出し、広島新庄が3-2とリードする展開で、前半戦を終えた。
 
 その後は両チーム無得点が続いていたが、7回裏、広島新庄が好投を続けていた秋田から、左腕・秋山恭平投手(2年)にバトンを繋ぐ。この起用に応えた秋山が無失点投球で流れを引き寄せた。すると直後の8回表、先頭の賀谷夢斗捕手(3年)が中二塁打でチャンスメイク。犠打で三塁に走者を送ると、1番・大可が三遊間を破る適時打を放ち、リードを2点に広げた。
 
 追いかける天理は、9回表にマウンドに上がった右腕・達孝太投手(2年)が三者凡退に抑え、裏の攻撃に繋げたが、無得点に終わり、試合終了。4-2で広島新庄が勝利を収めた。



  • 記者募集