データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】仙台育英、9回継投ズバリ的中でベスト8進出 敦賀気比はあと一本出ず惜敗

2019/08/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



<第11日 第3試合 3回戦 ○仙台育英 4―3 敦賀気比●>(17日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は17日に11日目を迎え、第3試合は仙台育英(宮城)と敦賀気比(福井)が対戦。仙台育英が、持ち味の継投と打線の地力の高さを見せつけ、敦賀気比を4-3で破った。
 
 初回の敦賀気比の攻撃、2死から、国学院久我山戦でサイクル安打を達成した杉田翔太郎(3年)が頭部に死球を受け途中交代。いきなりのアクシデントに見舞われた敦賀気比だったが、3回、仙台育英の先発・鈴木千寿(3年)が制球を乱してチャンスとすると、野道大誠(3年)、長浜慶太(2年)の適時打で3点を先制する。
 
 しかし、序盤の得失点には動じない仙台育英。5回に中里光貴(3年)、宮本拓実(2年)の連続タイムリーで2点を返すと、続く6回には途中出場の木村航大(1年)のスクイズで同点に。さらに2死一、三塁から、水岡蓮(3年)の適時打でこの回一気に逆転した。
 
 一方の敦賀気比打線は、4回から登板した2番手の大栄陽斗(3年)を捉えきることができず、無得点のまま試合は進んだ。そして最終回、土壇場でチャンスが巡ってくる。先頭の大島正樹(1年)がレフトオーバーの二塁打を放つと、続く中川宙(3年)が犠打で1死三塁と同点機を演出する。
 
 だが、仙台育英はここで投手を左腕・笹倉世凪(1年)にスイッチ。笹倉は長谷川信哉こそ四球で歩かせ1死一、三塁としたが、木下元秀(3年)を浅い左飛、高原秀郎(3年)を空振り三振に打ち取り、走者を還さなかった。
 
 準々決勝へと駒を進めた仙台育英は、あす18日の第3試合で奥川恭伸擁する星稜(石川)と対戦する。
 
 また、初回に頭部死球を受けた敦賀気比・杉田は、市内の病院でCT検査を受けて異常なしと診断され、その後球場に戻ってベンチ入りした。