データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【甲子園速報】履正社、9得点快勝で8強入り 高岡商は9回粘りも及ばず

2019/08/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<第11日 第1試合 3回戦 ○履正社 9―4 高岡商●>(17日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は17日に11日目を迎え、第1試合は履正社(大阪)と高岡商(富山)が対戦。序盤から試合を優位に運んだ履正社が9-4で高岡商を下し、ベスト8入りを果たした。
 
 履正社は3回、先頭の池田凜(2年)がフェンス直撃の二塁打を放ちチャンスメイクすると、1死一、三塁から5番・内倉一冴(3年)の適時打で先制に成功。さらに2死一、二塁で野口海音(3年)が2点適時三塁打を放ち、この回3点を挙げる。
 
 履正社は中盤以降も攻撃の手を緩めず、コンスタントに得点を重ね、7回までに9得点。投げては、先発の清水大成(3年)が6回4安打2失点と試合を作った。
 
 9-2で迎えた最終回、高岡商に先頭から3連打などで2点を返される。5点差に迫られた2番手・岩崎峻典(2年)だったが、最後は2死一、三塁のピンチで、この日2安打の石黒優希(3年)を140キロ速球で空振り三振に仕留め、試合を締めくくった。
 
 また試合後の抽選の結果、準々決勝は第4試合に登場する。