データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



履正社、序盤の大量リード守り3年ぶり3回戦進出 津田学園は降井隼斗が好救援も初の聖地2勝ならず【全国高校野球】

2019/08/13

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



好投手・前佑囲斗を攻略!3回までに9安打6得点

<第8日 第1試合 2回戦 ○履正社 7―3 津田学園●>(13日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は13日に8日目を迎え、第1試合では津田学園(三重)と履正社(大阪)が対戦し、履正社が津田学園を下して3年ぶりの3回戦進出を決めた。
 
 津田学園は静岡(静岡)に、履正社は霞ヶ浦(茨城)にそれぞれ初戦で勝って進出した2回戦。前佑囲斗(3年)と清水大成(3年)の両エースの先発で幕を開けた。
 
 初回は両チーム無得点に終わったが、先制点を取ったのは後攻の履正社だった。2回、先頭の内倉一冴(3年)が中前安打で出塁すると、1死後に西川黎(3年)も右前安打で続いて一、二塁。そして2死となった後に9番・清水が左前へ抜ける適時打を放って1点を挙げた。
 
 さらに続く3回にも履正社が前を捉える。津田学園が先制打を放った清水に対して3者凡退に終わったのに対して、履正社は2死三塁から主将の6番・野口海音(3年)が左前適時打を放って2点目。さらにこの後二、三塁とチャンスを広げ、8番・野上聖喜(3年)が右越え2点適時三塁打を放ちリードを広げた。
 
 たたみかける履正社は、清水が選んで一、三塁。ここで第1打席に二塁打を打っている桃谷惟吹(3年)の適時二塁打で2点を追加し、この回一挙5得点で6-0とした。津田学園の前はこの時点ですでに9本の安打を浴びる苦しい投球となってしまう。
 
 一方の津田学園は、初回と2回に先頭打者が安打で出塁するも得点には繋がらず。3回、4回は2イニング連続で3者凡退に倒れ、前を援護できない。そして、前が4回の守り一塁手に。マウンドには2番手として背番号「10」の降井隼斗(3年)が上がり、降井は先頭打者に右前安打を許したものの、3番からの中軸打線を3者連続で打ち取って履正社を初回以来の無得点に抑えた。
 
 降井の好リリーフの良い流れを攻撃に繋ぎたい津田学園は5回、1死から7番・小林世直(2年)が清水から四球を選び出塁。さらに前も意地の右前安打で繋いで一、三塁とチャンスを広げた。2死となったものの、1番・大音壱汰(3年)の打席で清水が暴投して三塁走者が生還し、反撃の1点を入れた。履正社の清水はこのイニング、それ以前にはなかった制球の乱れによって失点を喫した。
 
 履正社はその直後の攻撃でも降井の前に無得点。先頭打者を出しながらも繋がらないという、5点リードの中でも嫌な流れが漂う。そして6回、津田学園は1死から3番・藤井久大(3年)の右前安打から3連打で満塁のビッグチャンス。ここで主将の6番・石川史門(3年)が犠飛を放って2点目を入れて2-6と4点差に縮めた。
 
 引き離す追加点が欲しい履正社は直後の攻撃で、降井に対して1死から3番・小深田大地(2年)の左翼への二塁打で得点圏に走者を置く。さらに続く井上広大(3年)が死球をもらうなど2死二、三塁とチャンスを作る。ここで降井が痛恨の暴投で三塁走者が生還し7-2と再び5点リードに広げた。
 
 試合は終盤に入り、7回は両チーム無得点。津田学園は8回、1死から阿萬田琉希(3年)の二塁打で4イニング連続で得点圏に走者を置くと、2死三塁から小林が右前適時打を放って3-7とする。直後の守りでは無死二塁のピンチで中堅への浅い飛球を渡辺保育(3年)が好捕。さらに2死から再びエースの前がマウンドに上がり、無失点で最後の攻撃に繋いだ。
 
 しかし、履正社の清水が津田学園の9回の反撃を3者凡退に抑え143球完投。7-3で逃げ切り2回戦突破を決めた。勝利した履正社は3年ぶりの3回戦進出。一方の津田学園は、この日誕生日の前の後を受けた2番手・降井の好リリーフから打線が繋がるも序盤の失点が響き、同校初となる甲子園2勝はならなかった。