データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



聖光学院・清水正義、一塁踏み忘れを悔いるも周囲に感謝「泣き虫なキャプテンを支えてくれてありがとう」【全国高校野球】

2019/08/12

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



チーム初安打と思いきや…痛恨の一塁ベース踏み忘れ

<第7日 第2試合 2回戦 ○海星 3―2 聖光学院●>(12日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は12日に7日目を迎え、第2試合では海星(長崎)と聖光学院(福島)が対戦し、3‐2で海星が逃げ切って3回戦進出を果たした。
 
 13年連続での出場となった聖光学院の主将・清水正義(3年)は、3回の先頭打者として左翼線への当たりを放つ。しかし、一塁ベースの踏み忘れが認められ、アウトとなってしまった。「いろんな人に支えてもらって、最後まで迷惑をかけてしまった」と振り返った清水だが、試合全体を見れば、わずか93球で完投した相手先発の柴田蓮人(3年)を褒めるべきかもしれない。
 
 試合後、みんなにかけたい言葉は、と問われると、「支えられた」という表現を強調しながら言葉を紡いだ清水。「自分をここまで支えてくれてありがとう、という気持ちが一番です」と感謝を述べ、「泣き虫なキャプテンだったんですけど、最後までみんなが自分を支えてくれたり、応援してくれたことが今までで一番嬉しいです」と語った。
 
 勝てば天国、負ければ地獄のトーナメントを戦う高校野球では、ヒーローになれるかどうかはいつも紙一重。おそらく、人生で初めてであろうこの経験は、清水の好打の先にあった試練だ。聖地で味わった野球の厳しさは、選手たちの成長の道を照らす光となることだろう。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部