データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



夏の甲子園開幕。初安打は八戸学院光星・下山昂大の満塁弾、誉は初回4点ビハインド【全国高校野球】

2019/08/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1日 第1試合1回戦 八戸学院光星(青森)―誉(愛知)>
 
 第101回全国高校野球選手権大会は6日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕。初戦カードは八戸学院光星(青森)対誉(愛知)の対戦となった。
 
 初回、3つの四死球で2死満塁のピンチを招いた誉の先発・杉本恭一(3年)。迎える打者は、八戸学院光星の6番・下山昂大(3年)。2球目のストレートを振り抜くと、打球はぐんぐん伸びていき、左翼スタンドに飛び込む先制の満塁本塁打となった。
 
両チームの先発は以下の通り。
 
<八戸学院光星>
1番(遊)武岡龍世(3年)
2番(中)島袋翔斗(3年)
3番(一)近藤遼一(3年)
4番(右)原瑞都 (3年)
5番(左)大江拓輝(3年)
6番(三)下山昂大(3年)
7番(二)伊藤大将(3年)
8番(捕)太山皓仁(3年)
9番(投)後藤丈海(3年)
 
<誉>
1番(三)内田力斗(3年)
2番(二)手塚陸斗(2年)
3番(遊)沢野聖悠(3年)
4番(一)吉田卓矢(3年)
5番(捕)林山侑樹(3年)
6番(左)坂又宗太(3年)
7番(右)坂拓斗 (3年)
8番(投)杉本恭一(3年)
9番(中)松田龍二(3年)