データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【全国高校野球】米子東が28年ぶり夏切符!前橋育英、関東一も聖地へ 広陵、創志学園は準決勝敗退

2019/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 第101回全国高校野球選手権大会の地方大会決勝が27日、3会場で行われ、前橋育英(群馬)と関東一(東東京)、そして米子東(鳥取)が夏の甲子園切符を勝ち取った。
 
 群馬大会は、前橋育英と前橋商が激突。初回に1点を先制した前橋育英は、5回、7回にも1点ずつ加点し試合を優位に進める。投げては先発の梶塚が9回を投げ切り、3-0で完封勝利を収めた。
 
 東東京大会は、関東一が2年連続の決勝進出で悲願の甲子園出場を狙った都小山台を破った。関東一は4回に2点を先制。その後両チーム無得点のイニングが続く緊迫した展開となったが、8回に関東一が2点を加え4-0で逃げ切った。
 
 鳥取大会は、今春の選抜大会に出場した米子東が接戦を制して28年ぶりの夏切符を得た。米子東は4-4の同点で迎えた8回、鳥取城北に1点を勝ち越されたが、直後の攻撃で2点を取り逆転。終始シーソーゲームとなった試合を6-5で制した。
 
 また、京都大会でも決勝戦が予定されていたが、雨天中止が決定。立命館宇治と京都国際による頂上決戦は、翌日に順延となった。
 
  その他の地域では、2017年に選手権準優勝を果たすなど3年連続24回目の出場を目指した広陵(広島)が準決勝で広島商の前に5-13で敗退。そして岡山大会では、プロ注目の右腕・西純矢投手を擁する創志学園が準決勝で倉敷商に0-2で敗れている。
 
 27日に決まった代表校は以下の通り。
 
群馬  前橋育英(4年連続5回目)
東東京 関東一(3年ぶり8回目)
鳥取  米子東(28年ぶり14回目)
 
【図表】第101回全国高校野球選手権大会<出場校一覧>