データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



元ソフトバンク・川﨑宗則氏、台湾プロ・味全でゲストコーチ就任へ 

2019/07/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 昨年3月に福岡ソフトバンクホークスを退団した川﨑宗則氏が、台湾プロ野球リーグ(CPBL)味全ドラゴンズのゲストコーチに就任する。台湾メディア『自由時報』が9日、報じている。
 
 川﨑氏は鹿児島工から1999年ドラフト4位で福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団。2004年には最多安打(171安打)と盗塁王(42盗塁)を獲得するなど、球界を代表する遊撃手として活躍した。
 
 2012年には、シアトル・マリナーズとマイナー契約を結び渡米し、メジャー5年間で150安打をマーク。明るいキャラクターと熱いプレーで現地ファンからも愛された。2017年にNPB復帰したが、アキレス腱を痛め42試合の出場にとどまった。加えて、自律神経の病気を患い、2018年3月27日に自由契約が公示された。
 
 川﨑氏がゲストコーチに就任する味全は、1999年シーズン終了後にCPBLを脱退。今年6月、20年ぶりにリーグ再加入を果たしていた。