データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本、打線沈黙で台湾に敗れる 連覇逃し、3位決定戦へ【野球U18アジア選手権】

2018/09/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



<スーパーラウンド ●日本1-3台湾○>
 
 「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、スーパーラウンドが始まり、野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表はサンマリンスタジアム宮崎で台湾代表と対戦。1-3で敗れ、決勝進出を逃した。
 
 一次ラウンド・韓国戦での黒星を持ち越しており、決勝進出には勝利が絶対条件だった日本。しかし、打線はわずか2安打に封じられ、投手陣は2番手・吉田輝星(金足農)が4回に決勝点を与えてしまった。
 
 日本は、先発・柿木蓮(大阪桐蔭)が2回裏、1死二塁から適時打を浴びて先制を許す。
 
 4回表に1死二、三塁のチャンスを迎えると中川卓也(大阪桐蔭)の犠飛で同点に追いついた。しかし、直後の裏、この回からマウンドに上がった吉田が2死一、二塁から連打を浴び、1-3にリードを広げられた。
 
 打線は、台湾先発ワン・イェンチェンの前に5回以降、1人も出塁できず沈黙。痛恨の黒星を喫した。
 
 連覇を狙う侍ジャパンU-18代表だったが、決勝進出を逃し、3位決定戦に臨むこととなった。
 
 8日はスーパーラウンド2戦目となる中国と対戦する。