データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



野球U-18代表、アジア選手権へ始動 根尾、藤原、吉田が王者へ意気込み

2018/08/25

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , ,



 野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表は25日、東京都内のグラウンドで、「第12回 BFA U18アジア選手権」(9月3日開幕・宮崎県)出場に向け、合宿を開始した。
 
 代表チームは全国の強豪校18選手で構成。第100回全国高校野球選手権記念大会で優勝した大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大ら5選手、準優勝の金足農・吉田輝星投手が名を連ねる。合宿初日ははつらつとした雰囲気の中、守備や打撃練習を行った。
 
 練習前のミーティングでは自己紹介や抱負を語ったというU-18 代表。主将は大阪桐蔭・中川卓也内野手に決まった。永田裕治監督は「みんな元気で楽しみ。明るく元気にアジアのナンバーワンを」と期待を寄せ、「何があっても驚かない」を合言葉に国際大会に臨む姿勢を見せた。
 
 また別メニューで調整を行った金足農・吉田について、秋田大会や甲子園で計1517球を投げていることを考慮したと説明。「東京にいる間はゆっくりして、宮崎で投げてもらう」と話した。
 
 吉田自身も「疲れをとることが第一」としながら、甲子園の期間中に痛みを感じていた股関節は問題ないと語った。
 
 練習後、根尾、藤原、吉田がそろってインタビューに応じた。吉田は、甲子園決勝で対戦した2人の印象を「打たれたから抵抗あったけど、話してみたらいい人だった」と報道陣を笑わせた。根尾と藤原は吉田を「ヨッシー」と呼んでいると明かし、早くも和気あいあいとした様子を見せた。
 
 根尾は「日の丸をつけてプレーできることに喜びを感じる。責任と自覚をもって臨みたい」と話し、昨年もU-18 代表に選ばれた藤原は「去年の経験生かして何としても優勝に貢献したい」と意気込んだ。
 
 U-18代表は28日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行う。大会は9月3~9日、8カ国・地域が出場して開催される。