データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



夏の甲子園、ベストナインを選出! V投手大阪桐蔭・柿木、逆転サヨナラ満塁弾の済美・矢野、MVPは…?【全国高校野球】

2018/08/22

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



外野手:藤原恭大(大阪桐蔭・北大阪)


 3本のホームランも見事だが、決勝戦で中前安打を二塁打にした脚力はビリー・ハミルトン(レッズ)を彷彿させた。判断と思い切りのよさといい、毎日、プレーを見ていたいと思わせた選手だった。
 

外野手:蛭間拓哉(浦和学院・南埼玉)


 大会終盤はやや調子を落としたものの、2回戦・仙台育英戦で放った左中間本塁打のインパクトはすさまじかった。攻守で藤原に次ぐ存在。
 

外野手:住谷湧也(近江・滋賀)


 4試合13打数10安打の個人最高打率の大会記録を樹立した。準々決勝までは9番に入り、上位打線に多くのチャンスを生み出した。驚異の9番打者だった。
 
 
氏原英明

1 2 3 4 5 6 7 8 9