データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭、圧倒的強さで史上初2度目の春夏連覇! 金足農と東北勢の初Vの夢叶わず【全国高校野球】

2018/08/21

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , , ,



大一番は序盤から動く。主導権握ったのは大阪桐蔭

 
<最終日 決勝 ○大阪桐蔭13―2金足農●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は21日、阪神甲子園球場で最終日を迎えた。決勝戦は、大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を下し、史上初となる2度目の春夏連覇を果たした。
 
 2012年に続き史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭と、秋田県勢と東北勢初の優勝を狙う金足農による決勝戦は、金足農の先攻で始まった。
 
 初回、前日の準決勝で155球で完投した大阪桐蔭の先発・柿木蓮(3年)に対して、金足農は上位打線が3者凡退。一方、後攻の大阪桐蔭は、これまで全試合を1人で投げ抜いてきた金足農の先発・吉田輝星(3年)を相手に先頭打者から四球と安打で無死一、三塁のチャンスを作る。
 
 そして、3番の中川卓也(3年)と4番の藤原恭大(3年)を連続三振を喫したが、5番の根尾昂(3年)はフルカウントから四球で歩き満塁とし、続く石川瑞貴(3年)の打席で吉田が初球を暴投。三塁走者が生還して大阪桐蔭が1点を先制した。さらに、石川は右中間を破る2点タイムリーを放ち、3-0とリードを広げる。後続はを中飛に抑えてイニングを終えたが、大阪桐蔭は初回に一挙3得点と主導権を握った。
 
 序盤から追う展開となった金足農は2回、先頭の4番・打川和輝(3年)が中前安打で出塁すると、その後バントと安打で1死一、三塁のチャンスを得る。しかし、直後に打川が三塁から飛び出し狭殺プレーの末にアウト。その後四球で再び走者を2人置いたが、最後は菊地亮太(3年)が遊ゴロに倒れて無得点に終わった。
 
 早いイニングで点差を縮めたい金足農。反撃が点に結びついたのは3回だった。先頭の斎藤璃玖(3年)の四球で出塁し、送りバントと柿木の暴投で1死三塁と再び得点圏に走者を置く。そして、2番の佐々木大夢(3年)がライトへ犠飛を放ち斎藤が生還。この回無安打で1点をもぎ取り3-1とした。
 
 流れを渡さないために追加得点を狙う大阪桐蔭は、すぐ後の攻撃で吉田から1死に、三塁のチャンスを迎えるも、根尾と石川がともに内野フライに打ち取られ無得点。それに対して、金足農も4回に2死一、二塁の場面を作ったが、菊地亮が一ゴロに倒れて得点には至らない。

1 2