データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



済美、山口直が3試合連続完投で14年ぶりベスト8 高知商は北代が投打で奮闘も及ばず【全国高校野球】

2018/08/16

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第12日 第3試合 3回戦 ○済美3―1高知商●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は16日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第3試合では済美(愛媛)が高知商(高知)を下して、14年ぶりの準々決勝進出を決めた。
 
 2回戦でともに2桁得点奪い、攻撃的な野球を見せた済美と高知商の「四国対決」。しかし試合は、済美先発・山口直哉(3年)と高知商の北代真二郎(3年)の投げ合いで4回まで両チーム無得点となった。
 
 1イニング毎に1点の重みが大きくなっていく中で、均衡を破ったのは済美。5回に2死から三塁打と四球で一、三塁のチャンスを作ると、ここで芦谷泰雅(2年)がレフトへタイムリー安打を放ち1点を先制した。
 
 高知商が2回以降走者を得点圏に送れずなかなか反撃できない中、済美は終盤の7回に無死一塁から中井雄也(3年)が送りバントの構えから右中間へバスターエンドランを決めて、一塁走者が一気に生還。さらに1点を加えた済美がここにきて3-0とリードを広げた。
 
 高知商は、7回に先頭の藤高祐一郎(3年)が右前安打を放ち出塁すると、その後送りバントと内野ゴロで2死三塁とようやくチャンスを得る。このチャンスに北代がスライダーを捉えて中前へタイムリー安打を放ち1点を返した。
 
 さらに、2死二、三塁のピンチを脱した高知商は、直後の8回の攻撃でも先頭打者の前田貴友(3年)が左前安打で出塁。しかし、続く西村貫輔(1年)のピッチャー返しの打球を山口直哉が好フィールディングで捕球し併殺を完成させた。
 
 済美は9回、ここまで108球を投げている山口直哉がマウンドに登った。高知商は2死からを藤田昂志郎(3年)が右前安打で出塁すると、北代もショートへの強襲内野安打で続き一、三塁。しかし、最後は山口直哉が浜田が左飛に打ち取って試合終了。済美が3-1の接戦を制し、準優勝した2004年以来14年ぶりの準々決勝進出を決めた。山口直哉は121球を投げ抜いて、1回戦から3試合連続完投となった。