データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



創志学園・西純矢「いい思いも怖い思いもした」。2年生エース、敗戦糧にさらなる成長を【全国高校野球】

2018/08/15

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第11日 第1試合 2回戦 下関国際5-4創志学園>
 
 完封勝利の後に待ち受けていたのは、逆転負けだった。
 
 9回表の守備を終え、ベンチに戻る創志学園の2年生エース・西純矢の表情は硬く、ぐっと涙をこらえているようだった。
 
 序盤から制球に苦しんだ西。初戦の創成館戦ではゼロだった四死球がこの日は9。中盤から調子を取り戻し、7回からは2イニング連続で下関国際打線を三者凡退に抑えた。
 
 創志学園は2回に3点を先制し、1点差に迫られて迎えた8回に1点を追加。4-2で9回表の守備に入った。だが、西は四球、死球と連続で走者を出し、暴投で失点。さらに勝ち越しの犠飛を許した。
 
 「優勝して笑って引退してもらいたかった。こんな形で終わらせて申し訳ない」
 
 目を真っ赤にした西は、ともに戦った3年生への思いをこう口にした。さらに試合中何度もマウンドに駆け寄り、右腕を支えた捕手・藤原駿也に対し、「一番信頼してる。日本一のバッテリーになりたかった」と悔しさをにじませた。
 
 「いい思いも怖い思いもした。来年もあそこに戻ってきたい」。
 
 2年生ながらチームを背負い、甲子園を戦った西。この甲子園で一層評価を上げた剛腕は、敗戦を糧にさらなる成長を遂げる。