データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



常葉大菊川、信頼が生んだ完封勝利 指揮官はバッテリー称賛「考えてやってくれた」【全国高校野球】

2018/08/14

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<第10日 第1試合 2回戦 ○常葉大菊川3―0日南学園●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は14日、阪神甲子園球場で第10日を迎え、第1試合では常葉大菊川(静岡)が日南学園(宮崎)を3-0で破り3回戦進出を決めた。
 
 常葉大菊川は3回、1死から1番の奈良間大己(3年)が左前への二塁打で出塁し、その後2死三塁となって鈴木琳央(3年)がタイムリー安打を放ち1点を先制。
 
 スコア1-0のまま、常葉大菊川の漢人友也(3年)と辰己の投げ合いで試合は中盤へ。6回、常葉大菊川は2死から榛村大吾(3年)が三塁打で出塁し、代打の岡田竜汰(3年)のショートへのタイムリー内野安打を放って三塁走者が生還し、2-0とリードを広げた。
 
 8回にも伊藤勝仁(2年)のタイムリー安打で追加得点を挙げた常葉大菊川。投げては、エースの漢人友也(3年)が9回も無失点に抑え、わずか88球で完封。3-0で勝利し、3回戦進出を決めた。
 
 日南学園は、初球からバットを振る積極的な攻撃を見せたが、4つの併殺を喫し無得点。8回119球を投げた辰己の好投を援護できなかった。日南学園の敗退により、今大会の九州勢は全滅となった。
 
 試合後、常葉大菊川の高橋利和監督は、ロースコアの接戦を制したことに「よく漢人が1人で投げてくれて、勝負所で代打の岡田が2点目を取ってくれた。ゲーム展開は非常に良かった」と満足そう。特に88球で完封した漢人については「彼らしいピッチングができた」と話し、「(漢人に)自分からは指示は出していない。キャッチャーの根来を信頼しているので、彼がきっちり考えてやってくれたと思う」とリードだけではなく盗塁を刺すなどして支えた捕手のプレーを評価した。
 
 また、併殺4つを完成させた守備について聞かれると「しっかり菊川らしい『守備から入る』というのができた」。そして、初戦で無安打だった鈴木が先制打を放ったことには「奈良間が警戒されるので、(鈴木)琳央がキーマンになると思っていたが、その通り先制点をたたき出してくれて良かった」と称えている。
 
 6回に代打でタイムリー安打を放った岡田は、インタビューで「強気で初球から振っていくと決めていた」と振り返り、「漢人が頑張っていたので、何とか追加点を取ってやりたいと気持ちで打った」と話した。そして、「今日もノーサインの野球。自分たちでやる野球。自分たちで頑張りたい」と自ら考え、自主性を重んじるプレースタイルを貫く野球を信条に次戦への意気込みを語った。