データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



常葉大菊川、エース漢人が88球完封で3回戦進出! 日南学園は積極攻撃実らず4併殺【全国高校野球】

2018/08/14

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第10日 第1試合 2回戦 ○常葉大菊川3―0日南学園●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は14日、阪神甲子園球場で第10日を迎え、第1試合では常葉大菊川(静岡)が日南学園(宮崎)を下して3回戦進出を決めた。
 
 「ノーサイン、フルスイング野球」の常葉大菊川に対して、初戦で99球完封の好投を見せた辰己凌晟(3球)擁する日南学園の試合は、両チームの堅守が光り2回まで無得点。先制したのは常葉大菊川。3回に1死から1番の奈良間大己(3年)が左前への二塁打で出塁すると、その後2死三塁となって鈴木琳央(3年)がタイムリー安打を放ち1点を先制した。
 
 一方の日南学園は、2回に3球、5回も4球と積極的な打撃を見せるが無得点。初回、3回と走者を得点圏に進めるものの、なかなか得点を挙げることができない。
 
 常葉大菊川の漢人友也(3年)と辰己の投げ合いで1-0のまま試合は進み6回、常葉大菊川の攻撃は2死から榛村大吾(3年)が左中間へ三塁打を放って出塁。ここで代打の岡田竜汰(3年)のショートへのタイムリー内野安打によって榛村が生還し、2-0とリードを広げた。
 
 さらに8回には、二塁打と相手のエラーで根来龍真(3年)を三塁に置いて、伊藤勝仁(2年)が右前へタイムリー安打を放って大きな追加得点。このリードを漢人が9回も守り切り88球で完封。常葉大菊川が3-0で勝利し、3回戦進出を決めた。
 
 日南学園は、再三先頭打者が安打で出塁するも4つの併殺を喫し、積極的な攻撃が実らず辰己の好投を援護できなかった。