データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



浦和学院、仙台育英に5年越しのリベンジ! 渡辺が6回無失点、打線は12安打9得点【全国高校野球】

2018/08/12

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第8日 第2試合 2回戦 ○浦和学院9―0仙台育英●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は12日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第2試合では浦和学院(南埼玉)が仙台育英(宮城)を破り初戦突破。3回戦進出を決めた。
 
 2013年の同大会で仙台育英にサヨナラ負けを喫し、リベンジを期す浦和学院。打線は初回から仙台育英の先発・田中星流(3年)を攻め立てる。四球と安打、盗塁で1死二、三塁のチャンスを作ると、5番の佐野涼弥(3年)がライトへ2点タイムリー安打。幸先良く先制に成功した。
 
 3回にも矢野壱晟(3年)のタイムリー三塁打などで2点を追加した浦和学院は、守っても実力を発揮。投げては背番号「11」を付ける先発の渡辺勇太朗(3年)が、自身最速タイとなる149キロを計測し6回90球を投げて無失点に抑え、バックの守りも堅守で渡辺を支えた。
 
 仙台育英は、初回に1死一、三塁のチャンスから連続三振を喫し無得点だったのをはじめ、3回から3イニング連続で走者を得点圏に置くも決定打が出ず、なかなか反撃できない。
 
 4-0のまま回は終盤に進み、浦和学院は8回に先頭の3番・蛭間拓哉(3年)がセンター左へソロ本塁打を放つと、なおも一、三塁から相手のエラーで1点を追加しこの回2得点。9回にも3点を加えて9-0とリードを広げた。
 
 7回に渡辺からマウンド引き継いだ2番手・永島竜弥(2年)も、仙台育英に隙を与えず2回無失点。9回は美又王寿(1年)と河北将太(3年)がそれぞれ無失点に抑えて、浦和学院が9-0で快勝。仙台育英に5年越しのリベンジを果たして初戦突破した。