データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



愛工大名電、30年ぶりの夏勝利 初出場の白山に快勝【全国高校野球】

2018/08/11

text By

タグ: , , , ,



<第7日 第4試合 2回戦 ○愛工大名電10―0白山●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は11日、甲子園球場で第7日を迎え、第4試合で愛工大名電(西愛知)が白山(三重)を10-0で下して1988年以来30年ぶりの夏勝利を果たした。
 
 今大会の出場校の中で最も話題になっている三重の白山高校。一昨年まで10年連続三重大会で初戦負けの高校だったが、下克上で甲子園に初出場。日本中が注目する一戦となった。
 
 初回に白山の市川京太郎(3年)が右前安打を放つと、4番の辻宏樹(3年)が左中間に大きな当たり。しかし、この打球を左翼手稲生賢二(2年)が好プレー。先制点を防ぐ。
 
 すると、その裏に愛工大名電が1番・柳本優飛(3年)、2番・西脇大晴(3年)で先制点を奪取。さらに2点を追加し、序盤で3点を先制する。
 
白山はその後毎回のように走者を出すも、一本が出ず。愛工大名電も無得点が続く。
 
愛工大名電は5回に室田祥吾(3年)から秋山凌祐(3年)に投手を交代。すると5回裏に柳本、西脇でチャンスを作ると、稲生が中前に適時打。4点目を加える。さらに後藤晃成(3年)、堀内祐我(2年)が適時打を放ち3点追加した。
 
8回には安井と西脇の本塁打でも得点を追加した愛工大名電。10-0と快勝し30年ぶりの夏勝利。白山は初の甲子園で初勝利とはならなかった。