データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



八戸学院光星、延長戦で明石商下し初戦突破 初出場明石商は6点差追いつくも一歩及ばず【全国高校野球】

2018/08/11

text By

タグ: , , , ,



<第7日 第2試合 1回戦 ○八戸学院光星 9―8 明石商●>
 第100回全国高校野球選手権記念大会は11日、甲子園球場で第7日を迎え、第2試合で八戸学院光星(青森)が明石商(西兵庫)を9-8で下して初戦突破を果たした。
 
 八戸学院光星は初回に4番の東健太郎(3年)の2ラン本塁打で先制。一方の明石商は1回裏に好走塁が絡み1点を返すことに成功する。しかし、八戸学院光星の猛攻は止まらず、2回には打者8人で4得点を入れ、6-1と序盤でリードを奪う。
 
 さらに、八戸学院光星は4回に武岡龍世(2年)のこの日2本目の適時打で7点目を入れる。しかし、一方の明石商は4回裏に福谷航太(3年)の適時打、田渕翔(3年)の2点適時打などで4点を返し、一気に2点差まで迫る。
 
 5回表に八戸学院光星の東がこの日2本目となるソロ本塁打を左中間に叩き込み再びリードを広げるが、7回裏に明石商は植本亮太(3年)と植田貴紗羅(3年)の適時打で1点差まで追い上げると、山本健太朗(3年)のスクイズが決まり同点に追いつく。
 
 同点で迎えた9回裏、先頭の植本が四球で出塁すると、犠打で得点圏に進めるも明石商は得点できず。延長戦に突入する。
 
 10回表、八戸学院光星は四球と死球でチャンスを作ると、中村優惟(3年)が三遊間を抜ける安打に明石商のミスが重なり、勝ち越しに成功する。その裏明石商は内野ゴロ3つで攻撃が終わり、9-8で八戸学院光星が勝利した。初出場の明石商は最大6点差を追いつくも、あと一歩及ばなかった。