データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



龍谷大平安、史上2校目の春夏通算100勝 安井のサヨナラ打で快挙達成【全国高校野球】

2018/08/11

text By

タグ: , , ,



<第7日 第1試合 1回戦 ○龍谷大平安 3―2 鳥取城北●>
 第100回全国高校野球選手権記念大会は11日、甲子園球場で第7日を迎え、第1試合で龍谷大平安(京都)が鳥取城北(鳥取)を3-2で下し、春夏合わせて甲子園での100勝を達成し、初戦突破を果たした。
 
 龍谷大平安は初回に松本渉(3年)の右越え適時三塁打で先制すると、4回にエースの小寺智也(3年)が中前適時打で自らを援護。龍谷大平安が序盤に2点を先取する。
 
 鳥取城北はエース難波海斗(3年)が粘りの投球で龍谷大平安の強力打線をしのぐ。一方で打線はチャンスを作るも龍谷大平安の小寺から得点を奪えず。
 
 しかし、鳥取城北は8回にチャンスを作ると、山下泰輝(3年)が中前へ待望の適時打で1点を返すと、吉田修平(3年)の適時打で同点とする。
 
 同点で迎えた9回裏、2死から水谷祥平(2年)が四球で出塁すると二盗、三盗と成功させ、安井大貴(3年)が左翼線にサヨナラ打。龍谷大平安が劇的な勝利で春夏合わせて甲子園での100勝を達成した。