データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



下関国際、激闘で掴んだ悲願の1勝 指揮官「全員で食らい付く野球ができた」【全国高校野球】

2018/08/09

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第5日 第2試合 1回戦 ○下関国際4―2花巻東●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は9日、阪神甲子園球場で第5日を迎え、第2試合では下関国際(山口)が花巻東(岩手)を4-2で下して春夏通じ甲子園初勝利を果たした。
 
 昨夏から3季連続出場の下関国際と今春のセンバツ8強の花巻東の試合は、序盤から投手戦に。花巻東の伊藤翼(3年)が制球良く4回まで2安打無失点とすれば、下関国際の鶴田克樹(3年)も力感ある投球で同じく4回2安打無失点と息を飲む展開になった。
 
 試合が動いたのは5回、花巻東が2死二塁から相手守備のエラーで1点を先制。対する下関国際は、7回に2死二塁から西山勇輝(3年)が右前タイムリー安打を放ち同点とした。
 
 試合は1-1のまま8回を迎え、花巻東が1死二塁から田中大樹(3年)が右前へタイムリー安打を放って2-1と1点を勝ち越しに成功。追い詰められた下関国際だったが、9回に1死からの連打で一、二塁とすると、西山がこの日2本目となるタイムリー安打を放ち、土壇場で2-2の同点に追いついた。
 
 延長10回、下関国際は1死一、三塁と勝ち越しのチャンスを作り、川上顕寛(3年)がタイムリー安打。なおも2死一、三塁から吉村英也(3年)もタイムリー安打を放って4-2とした。
 
 エースの鶴田は10回も無失点に抑えて9奪三振、127球で完投。下関国際が4-2で勝利し、春夏通じて甲子園初勝利を飾った。
 
 試合後、下関国際の坂原秀尚監督は「とにかく一生懸命練習する子どもたちだったので、何とか勝たしてやりたかった。良く頑張った」と第一声。「追い込まれても、全員で食らい付いていく野球ができた」と終盤勝負と選手たちに声を掛けながら延長を戦い抜いた試合を振り返った。延長10回の攻撃については、「(浜松晴天の盗塁は)ランエンドヒット。川上は一番バットが振れている選手だったので、最後は彼を信じてバットを振ってもらった」と話し、完投した鶴田に関しては「しっかり自分のペースで投げるということが課題だったが、それがこの甲子園でできたことが大きかった。一番よく練習する子で、最後まで彼を信じてあげたいと思っていた」とセンバツからの課題を克服しての力投を称賛した。
 
 その鶴田は「厳しい展開でしっかり投げることができた。周りからも『1人1人で』と言ってもらった。球速よりもコントロール。とにかく抑えることを意識して投げた。今日は本当に打線に助けられた。自分の前を打つ川上がタイムリーを打ってくれて、本当に頼もしい。あれを見て自分はもう抑えるだけだと思って最後は投げた。甲子園での校歌は最高」と仲間に感謝しながら、初めて勝って校歌を歌えたことの喜びを語った。
 
 下関国際の次戦は第11日の第1試合で、相手は創志学園(岡山)と創成館(長崎)の勝者となる。