データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



常葉大菊川、代名詞“フルスイング野球”が本領発揮 特大弾の奈良間「勢いがつく勝利」【全国高校野球】

2018/08/07

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第3日 第4試合 1回戦 ○常葉大菊川8―7益田東●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は7日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第4試合では常葉大菊川(静岡)が益田東(島根)に8-7で勝利し2回戦進出を決めた。
 
 常葉大菊川は3回に1点を先制されたが、直後の攻撃で3本のタイムリーを集めて一挙4得点。逆転に成功した。さらに4回には奈良間大己(3年)が低めの球をフルスイングしてバックスクリーンへ2ラン本塁打を放ち、6-1とリードを広げた。
 
 しかし、益田東がここから反撃。5回に1点を返すと、6回は無死満塁から安田陸人(2年)がレフトへ2点タイムリー二塁打を放って2点差とする。そして7回に稲林隼人(3年)と佐野真太郎(3年)にタイムリー安打が飛び出して3得点を挙げて7-6と一時5点差あった試合をひっくり返した。
 
 再び追う立場になった常葉大菊川は、8回に1死一塁から神谷亮良(3年)がタイムリー二塁打を放って同点とすると、その後三盗を狙った神谷を刺そうとした益田東の捕手の中山翔(3年)が三塁へ悪送球。神谷は三塁ベースを蹴って一気にホームへ生還し8-7と勝ち越した。
 
 そのまま9回を抑えた常葉大菊川は、夏の甲子園で5年ぶりの勝利。一方敗れた益田東は、4度目の挑戦も甲子園初勝利はならず。驚異的な打力を発揮しながら最後はミスに泣いた。
 
 試合後、常葉大菊川の高橋利和監督は「静岡県の決勝から競った試合を何とか勝ってきたので、(今日も)勝てて良かった」とコメント。選手たちの判断で攻撃を仕掛けるのがチームの特徴だが、逆転に繋がった8回の神谷の盗塁については「一旦躊躇したが、もう一度トライしていたので、その結果相手が慌ててくれた」と評価した。
 
 また、4回に特大の本塁打を放った奈良間は「今日はいつも以上に素晴らしい試合ができた。(本塁打は)入ると思わなかったのでビックリ。チームにとって勢いがつく勝利だと思う」とノーサインながら持ち前のフルスイング野球を発揮した勝利に笑顔を見せた。
 
 2回戦進出の常葉大菊川の次戦は第10日の第1試合。日南学園(宮崎)と丸亀城西(香川)の勝者と対戦する。