データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



近江が3本塁打で勝利 センバツ準Vの智弁和歌山を破る【全国高校野球】

2018/08/07

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , ,



<第3日 第2試合 1回戦 ○近江7―3智弁和歌山●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は7日、甲子園球場で第3日を迎え、第2試合では近江(滋賀)が智弁和歌山(和歌山)を7-3で下して初戦突破を果たした。
 
 試合は近江の北村恵吾(3年)が2本の本塁打を放つ活躍をみせ、チームを勝利に導いた。
 
 試合が動いたのは2回。1死一,二塁のチャンスで智弁和歌山の東妻純平(2年)がセンター方向へヒットを放ち1点の先制に成功。次打者の平田龍輝(3年)もセーフティスクイズを決め、2点目を奪った。
 
 対する近江は4回に1死二塁のチャンスを作ると、4番の北村が左中間へ2点本塁打を放ち、2-2の同点に追いつく。
 
 続く5回、近江は先頭の山田竜明(3年)が右中間へソロ本塁打を放ち、3-2と勝ち越しに成功した。
 
 また近江は、8回にも1死三塁から家田陸翔(3年)のタイムリー安打、続く北村の2点本塁打などで3点を加え、6-2と突き放した。
 
 試合は近江が9回にも1点を加え、7-2で9回へ進み、智弁和歌山は先頭の田中勇也(3年)が死球で出塁し、その後も四球などで1死満塁に。本多吏樹(3年)がレフトへの犠牲フライで1点を返すが後続が倒れ試合終了となった。勝利を収めた近江は4投手が登板し3点に抑えるなど継投策も上手く機能していた。