データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



高岡商、2年生の井林が特大の先制弾「気持ち良かった」 富山県勢初優勝へ意気込む【全国高校野球】

2018/08/07

text By

タグ: , , , , , , , ,



<第3日 第1試合 1回戦 ○高岡商4―1佐賀商●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は7日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第1試合では高岡商(富山)が佐賀商(佐賀)を4-1で下して初戦突破を果たした。
 
 高岡商は、0-0で迎えた5回に井林泰雅(2年)がバックスクリーン左へ特大ソロ本塁打を放ち1点を先制。7回に同点とされたが、直後の攻撃で1死満塁のチャンスを作ると、ここで井林の打席でファーストの原田丈嗣(3年)が失策。その間に三塁走者が生還し1点を勝ち越した。さらに、満塁から田嶋怜(3年)が右中間へ2点タイムリー二塁打を放って4-1とリードを広げた。
 
 投げては、好投手として注目された山田龍聖(3年)が7回1失点の好投。8回からは大島嵩輝(3年)が2回を無失点に抑えて4-1で勝利。チームは10年ぶりに夏の甲子園で1勝を挙げた。
 
 試合後、高岡商の吉田真監督は「山田が頑張ってくれて、苦しいながらも投手戦になって良いゲームだった」と話し、「どこで代えるのか非常に難しかったが、山田が足をつる中で後の大島がしっかり投げてくれた」と継投を振り返った。また、相手先発の木村颯太(3年)に対する攻撃については「真っ直ぐに立ち遅れない、振り遅れないようにと、しっかり打席の中で自分のスイングをしようと強調して指示した」と終盤勝ち越しに成功した裏にある対策を明かした。
 
 先制本塁打を放った井林は、「真っ直ぐを狙っていたので、思い切って打った。カウントも打者有利で、振り抜けて気持ち良かった」とコメント。10年ぶりの夏1勝について聞かれた際には「優勝が目標。次に向けてしっかり準備していきたい」と富山県勢初の4強入りはもちろん、初の全国制覇へ向けて意気込みを語った。