データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



沖学園、エース斉藤の好投で嬉しい初出場初勝利 北照は4度目の挑戦も1勝叶わず【全国高校野球】

2018/08/06

text By

タグ: , , , , , , , ,



<第2日 第3試合 1回戦 ○沖学園4―2北照●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は6日、阪神甲子園球場で第2日を迎え、第3試合では春夏通じて初出場の沖学園(南福岡)が北照(南北海道)を4-2で下して、甲子園初勝利を挙げた。
 
 初出場の沖学園は0-0で迎えた3回、2死満塁のチャンスで吉村脩希(3年)がレフトへタイムリー安打を放ち1点を先制。5回には市川颯斗(3年)と三浦慧太(3年)の連続タイムリー安打でさらに2点を追加し3-0とした。
 
 一方、4度目の挑戦で夏の甲子園初勝利を狙う北照は、5回に点差を広げられた直後の攻撃で中谷彪真(3年)のタイムリー二塁打と掛谷和紀(3年)のタイムリー安打で2得点。3-2と1点差に詰め寄る。
 
 6回はお互い無得点に終わったが、7回に沖学園が2死一、三塁から掛谷の失策により1点を追加。投げては6回以降無失点を続ける先発の斉藤礼(3年)が8回の2死一、三塁のピンチも投ゴロで切り抜け、粘りの投球で北照打線を封じた。斉藤は9回も3者凡退に抑え完投。チームは4-2で勝利を収め、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。
 
 北照は、10安打を放ちながらあと一本が出ず。先発の原田桂吾(3年)は140球の熱投も勝利には結びつかなかった。