データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



済美、指揮官の言葉に発奮!中央学院との接戦制す「一生懸命やることが必ずメッセージになる」【全国高校野球】

2018/08/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



苦しい展開も、主将「全員で粘れた」

<第1日 第2試合 1回戦 ○済美5―4中央学院●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会が5日、阪神甲子園球場で開幕し、第2試合では済美(愛媛)が中央学院(西千葉)との接戦を制して2年連続の初戦突破を果たした。
 
 初回に1点を先制した済美は、直後の逆転を許したが、3回以降に打線が繋がる。まず3回に芦谷泰雅(2年)のタイムリーで同点に追いつくと、4回には政吉完哉(3年)の勝ち越しタイムリー安打、ホームスチールを挟んで、矢野功一郎(3年)にもタイムリー安打が飛び出し3得点。5-2とリードを広げた。
 
 投げては、済美のエース山口直哉が4回と8回に1点ずつを返されるも、5回から7回まで3者凡退を記録するなどリズム良く中央学院打線を抑えていった。山口はそのまま9回もマウンドに登り、この日5度目の三者凡退。109球完投で5-4で逃げ切り、昨年に続き2年連続で初戦突破を決めた。
 
 一方の中央学院は、8回に1点差まで詰め寄ったものの、後半に打線が繋がらず反撃が遅れた。初出場の大舞台だったが、センバツに続いて初戦敗退を喫している。
 
 試合後、済美の中矢太監督は、2年連続初戦突破について「嬉しいです。山口がきちっと投げてくれることが、ウチが勝つ1つの要因。仕事を果たしてくれた」と先発したエースの好投を称えた。そして、「先制点はあまりにもスムーズに取れすぎて、ちょっと嫌だなと。その裏に2点取られて、逆に落ち着いた」と浮足立つことなく試合に入り込めたことにホッとしている様子だった。
 
 また、愛媛も大きな被害に襲われた西日本豪雨についても触れ「試合前に、選手たちには『一生懸命やることが必ずメッセージになるから』と話をして送り出した。そういう意味では選手たちが一生懸命やってくれた」と愛媛に対する思いを語るとともに、それに対してプレーで応えた選手たちを労っていた。
 
 先制犠飛を放った済美の池内主将は、「苦しい試合だったが、全員で粘ることができ、勝利を得ることができてホッとしている。(先制犠飛は)真っ直ぐは捨ててスライダーを狙った。先発の山口も粘り強く投げていたので、良い守備でしっかり支えていこうと意識した」と話し、最後は「昨年のベスト16を超えてベスト8、そこから全国制覇を目指したい」と今後へ向けて意気込んだ。
 
 勝利した済美は、2回戦で開幕戦で勝利を収めた星稜(石川)と対戦する。