データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



星稜、始球式務めたOB松井さんに贈る開幕戦勝利 エース奥川が最速150キロ計測【全国高校野球】

2018/08/05

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



<第1日 第1試合 1回戦 ○星稜9―4藤蔭●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会が5日、阪神甲子園球場で開幕。開幕戦となった第1試合では、星稜(石川)が藤蔭(大分)を破って2回戦進出を決めた。
 
 2年ぶり出場の星稜と28年ぶり出場の藤蔭による開幕戦では、星稜のOBで、プロ野球の読売ジャイアンツ、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんが始球式を務めた。
 
 試合は初回、後攻の星稜が無死満塁から4番の南保良太郎(3年)の併殺打の間に1点を先制。一方の藤蔭も、直後2回の攻撃で1死二塁から武井政晶(3年)がタイムリー安打を放ってすかさず同点に追いついた。県大会で5試合無失点だった星稜は、この夏の公式戦初失点。
 
 しかし3回、星稜はここで県大会チーム打率.383の強力打線が本領を発揮。1死二塁から河井陽紀(3年)が勝ち越しタイムリー三塁打を放つと、続く内山壮真(1年)もライトへタイムリー二塁打。なおも2死二塁から主将の竹谷理央(3年)のタイムリー安打で1点を追加し、この回3得点を挙げて4-1とリードを広げた。
 
 4回に2点、6回に2本のタイムリー安打と犠飛で3点を挙げ9-1と大量リードした星稜に対して、追う藤蔭も7回に反撃を仕掛ける。2本のヒットなどで1死一、三塁のチャンスを作ると、朝倉康平(2年)がタイムリー安打を放ち1点を返しまず1点。さらに続く代打の花岡洋平(3年)の一ゴロの間にも1点を挙げてこの回2得点で6点差に縮めた。
 
 リードする星稜の先発、エース奥川恭伸は最速150キロをマークするなど力投を続けていたが、8回にもタイムリーを浴び4失点。それでも、リードを守ったまま寺西成騎(1年)にマウンドを託した。星稜は寺西が9回を3者凡退に抑えて9-4で勝利。4年ぶりの初戦突破を決めて、2回戦に駒を進めた。