データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



設立2年目のBFLで元近鉄V戦士が指揮 06BULLSを例に見る独立リーグから、NPB選手輩出を目指す球団運営

2014年より新たなスタートをきったBFL(ベースボール・ファースト・リーグ)。昨季はリーグから数名がドラフト候補に上がりながら、指名には至らなかった。各球団とも今年こそNPBに選手を、という想いは強い。4月4日に開幕となる。今回は東大阪に拠点を置く06BULLSに焦点を当て球団運営のメソッドを紹介したい。

2015/04/04

text By

photo

東大阪バーチャルシティ

タグ: , , , ,



所属選手はアルバイトをしながら生計

 06BULLSの大きな特徴の1つに、選手や監督・コーチを含むスタッフに対して完全な無報酬であるということが挙げられる。独立リーグにも、スポンサー制度等による報酬支給制度はあるが06BULLSの所属選手は全員が無報酬で、アルバイトをしながらの生活をしている。球団理事を勤める安原武男は「おそらく今後もこの方針は変わりません。理由は、球団としての目的がNPBに選手を送り込み活躍してもらうことを最優先しているからです。仮にお金が発生すると、プロで絶対に活躍するというハングリーな部分が失われてしまう可能性もあるので」と話す。
 また、チーム方針も結果を重視する”勝つ野球”ではなく”育てる野球”に徹している。村上はチャンピオンシップを除けば、選手の自主性を育むための采配を振るう。それは、プロ野球の世界で18年間を過ごした経験から、思考力と人間力がない選手は通用しないということを常々感じてきたからだという。
 1シーズンを終えると半数近くが退団し、選手の移り変わりは激しい。この点に関しては「NPBを目指すため」という球団運営と指導方針が、設立当初よりブレていない証明といえるだろう。

 社会人からドラフト指名を受けるには、将来性込みの期待値の要素より、当然ながら即戦力としての働きが必要となる。求められるハードルは高いが、村上は「球団をスタートしてから、即戦力の選手でないとプロから獲ってもらえないことがわかった。ただ、設立4年目を迎えた今季は投手、野手ともに本当に面白い選手が多い。特に投手陣は粒が揃っている」と期待を隠さない。
 チームには、クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んでいた橋本直樹投手、韓国のNCダイノス出身の朴成彦捕手、パキスタン人の両親を持つアブドラ・バラといった個性派な面々が揃う。

 昨季のリーグ優秀選手賞に選出された田井友人捕手は、現在もアルバイトを掛け持ちしながら野球に打ち込んでいる。日本大学在学中に社会人チームからの誘いを断り、「本気でNPBを目指すためには、金銭ではなくより厳しい環境に身を置く必要がある」と、安定した道を捨て入団を決めた。
 昨季バッテリーを組んだ福永春吾(現・徳島インディゴソックス)と共に、在阪のテレビ局でも特集を組まれるほど注目を浴びたが、最終的にドラフトにはかからなかった。
「昨年は、どこかふわふわした気持ちでドラフト会議を見ていました。年齢的にも今年がラストチャンスだと思っているので、悔いのないシーズンにしたい。バッテイングには自信がついてきたので、スローイング、プレーの正確性と伸ばすべき部分を意識して日々を過ごしています。ワンプレー、ワンプレーを大切にしながらドラフトの日を待ちたいです」

 認知度の向上、練習場所の確保、試合日程の改善など球団・リーグともに課題は少なくない。だが、2年目を迎えたBFL全体で見ると、社団法人化や各団体との連携など少しずつ前進していることは間違いない。リーグ初となるNPB選手の誕生。1人のプロ選手の存在が、今後のリーグ発展を考える上での劇薬となる可能性を秘めている。

 取材の最後に村上にリーグ・06BULLSの魅力とは、と訊ねるとこんな答えが返ってきた。
「BFLに所属している選手達は、完成された選手ではなく、足りない部分が最初はあります。それが日々埋まって行く様子、決して恵まれているとはいえない環境の中で、逆境に負けず夢を掴むために全力でプレーする本気度を見てもらえれば、お客さんに勇気を与えられると思っています。日々の生活にポッカリと穴が開いているように感じている、何かに悩んでいる。そんな方にブルズの野球を見てもらえたら、忘れていたアツさを呼び戻せると思うので是非球場に足を運んでほしいですね」

※BFL 正式名称はBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ)
2014年に設立。現在は大阪府東大阪市をホームタウンにする06BULLS ゼロロクブルズ、兵庫県三田市をホームタウンにする兵庫ブルーサンダーズ、兵庫県姫路市をホームタウンとする姫路Go To WORLDの3チームによる独立リーグ。リーグ戦方式は前後期制で、各球団ホーム&ビジター計48試合行う。
BFL公式HP http://bf-league.com/
06BULLS 公式HP http://www.06bulls.com/

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2