データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





センバツ出場校を予想、サプライズ選出はあるのか?【後編~近畿・中国・四国・九州~】

第90回記念選抜高校野球大会の出場校が26日に発表される。出場校予想の後編では近畿、中国、四国、九州の4地区を考える。

2018/01/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



選出が難しい近畿、四国はサプライズも?

▽近畿(6校)
 
 甲子園のおひざ元とあって6校の出場枠がある。たた、出場校数が多い分、選出の難しさあるのもまた事実だ。
 
 4強の大阪桐蔭(大阪)、智弁和歌山(和歌山)、乙訓(京都)、近江(滋賀)は当確。ベスト8で敗退した高校の中から選ばれるが、近大付(大阪)、法隆寺国際(奈良)はコールド負けしたため選出は厳しい。そう考えると、乙訓と善戦した智弁学園(奈良)、近江と接戦を演じた彦根東(滋賀)が優先されるだろう。
 
 ただ、21世紀枠で膳所(滋賀)が選出された場合、彦根東は選外となる。その場合、甲子園の地元・兵庫県から西脇工(兵庫)という線が浮上するかもしれない。
 
▽中国(3校)
 
 例年は「2枠」と四国と比較で「1枠」を争う形をとるが、今年は「3枠」が選出される。
 
 優勝のおかやま山陽(岡山)、準優勝の下関国際(山口)は夏に続いての初出場が濃厚だ。準決勝敗退校から瀬戸内(広島)、尾道(同)がふるいに掛けられる。県大会の成績を重視して瀬戸内になるだろう。21世紀枠の下関西(山口)が選ばれても、影響はない。
 
▽四国(3校+明治神宮大会枠1校)
 
 増枠に加えて、明徳義塾(高知)が神宮大会を制覇したことにより「4枠」もある。
 
 通常で考えると、優勝の明徳義塾、準優勝の英明(香川)、ベスト4の松山聖陵(愛媛)、高松商(香川)で確定だろう。ただ、高松商が英明に準決勝で2-12と大敗したのに対して、高知(高知)は準々決勝で英明に7-8と肉薄。この戦績が評価されれば、サプライズで逆転選出もある。しかし、21世紀枠で高知追手前(高知)が選ばれれば、高松商で決まりだ。
 
▽九州(4校)
 
 増減なしの出場4枠だ。優勝校の創成館(長崎)、富島(宮崎)、延岡学園(宮崎)、東筑(福岡)の4強でほぼ決まりだろう。21世紀枠で伊万里(佐賀)が選出されても一般枠に影響はないとみる。

スポンサードリンク

1 2