データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





「高校から木製バット」は強打者を減らす? 韓国野球界の功罪。異変もたらした指導法の変化

長距離砲として期待された高卒選手がプロ入り後、金属バットと木製バットの違いに苦しむケースは多々ある。一部では、高校から木製バットの使用を促す声もある。一方、韓国では国際ルールに沿い、高校生も木製バットの使用が義務付けられている。ところが、この木製バットの導入によって、強打者が育たない状況となっているという。

2017/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



韓国野球の全体地図を変えた木製バットの登場

 高卒新人の大活躍はもちろん韓国野球においてうれしいことだ。だが木製バット世代でない時も韓国球界は様々なニューフェースの登場を迎えた。アジアのホームラン王で巨人でも活躍したイ・スンヨプ(引退)も金属バット世代だ。しかも彼はプロ入団当初はピッチャーだった。プロに入ってから木製バットに慣れ、ホームランが打てるようになったのだ。
 
 ジョ氏は「木製バットに慣れるのはもちろん簡単ではなかったが、それを成し遂げるのがプロとしての使命」といいながら「不均衡を解消するためにも反発係数の違うバットの使用とか、より高校生にあった柔軟な制度の導入が必要」と指摘した。偏った指導法が蔓延する韓国球界にとってまっとうな意見かもしれない。
 
 木製バットの登場により、指導法そして韓国野球の全体地図が変化したのは確かだ。韓国高校野球における木製バットの存在は今後も続く見込みだ。ただ、どの指導法が正しいかは各自の判断。この状況の中でより賢明な議論がなされるべきではなかろうか。

スポンサードリンク

1 2 3 4