データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



スーパープレー連発! 仙台育英が激戦を制し3回戦へ 日本文理・大井監督最後の夏が終わる【全国高校野球】

2017/08/17

text By

タグ: , , , ,



 第99回全国高校野球選手権大会の第9日(17日、甲子園球場)の第3試合は、仙台育英(宮城)が日本文理(新潟)を接戦の末に1-0で下し、2年ぶりの3回戦へ進出した。
 
 試合は2回表に日本文理の永田の三遊間への当たりを仙台育英の遊撃手・西巻がダイビンクキャッチ。膝をつきながら二塁へ送球し、併殺打を完成させるスーパープレーを魅せる。
 
 すると、その裏に仙台育英が相手のミスで一三塁とチャンスを作り、斎藤の三ゴロの間に1点を先制する。
 
 その後は両チーム譲らぬ展開。随所でスーパープレーが飛び出し、日本文理の稲垣、仙台育英の長谷川ともに好投し、試合は後半戦に突入する。
 
 8回裏、仙台育英は鈴木が左翼へ二塁打を打つと、山田が右翼へ飛球を放ち、鈴木は三塁へタッチアップ。しかし、このピンチを稲垣は粘る。
 
 9回表に日本文理は先頭の川村が三遊間を破る。1死から倉川が中前に落とし、チャンスを作るが、2死一三塁から好投を続けてきた稲垣が空振り三振。長谷川の完封で仙台育英が1-0で勝利し、2年ぶりの3回戦へと進出した。
 
 日本文理は大井監督が今夏で勇退。最後の夏に悲願の全国制覇とはならなかった。